So-net無料ブログ作成

鳥見迅彦詩集『なだれみち』など  (その5) [評論 等]





    泉沢浩志句集『風見鶏前後』

 「ここに収録した作品の大半は、さきの句

集『風見鶏』(一九五四年刊)の制作と同じ

時期のものである。Ⅰは戦時、Ⅱは戦後のほ

ぼ十にわたる作品である。」全文これだけ

の短い「あとがき」が、泉沢氏の句作に関する

いわば詞等として、私に与えられた唯一のも

のである。だが詞は作品鑑賞にとって必ずし

も必要ではない。それよりも、全くの素人読

みしか出来ない私の側にこそ問題があると言

うべきだろう。





 干す下駄に笹の陽炎移りけり



 風見鶏すこし巡りぬ花曇



 百語り春灯(ともし)みまたたける



 棄て煙艸かぎろひつつも消えにけり



 春泥や風の一ト筋かがやけり



 病める手のうつし絵淡し春灯



 戦遠し古りし夏帽目深にす



 盲ひ女の肩の兜も夕焼くる



 二の腕の入墨青し竹簾



 頬白の頬ふくらまし覚めゐた



 爽かや六分目のこす薬瓶

 

 凍つる手に羽根摑ませて埋めしとや(Y女逝去)



 眼帯のずれし隈より春惜しむ



 掌に溜める青き泪の螢かな(三井義一追悼)



 秋風やなにか翳りしひとところ



 別れても背に冬木影あるごとし



 初泣きやはやも母系の目鼻立ち



 手鞠児の片手はいつもふところに





 集中のこれらの作品を私は評価する。「す

こし巡りぬ」「風の一ト筋」「うつし絵淡し」

「古りし夏帽目深にす」「入墨青し」「頬ふく

らまし」「六分目のこす」「羽根摑ませて」「青

き涙の螢」「翳りしひとところ」「冬木影」「片

手はいつもふところ」等の表現は、それぞれ

の句の中で大切な詩句として重い役割を果し

ている。これらの句に於ける泉沢氏は物をそ

の微細な点に至るまでよく見ており、氏の繊

細な神経と清澄な美意識が充分に働いている

と言えるだろう。そしてそれら繊細な神経や

美意識の奥には、人間に対するあたたかな眼

が見開かれている。人間的なあたたかさはと

りわけ追悼句に端適な形で表われているが、

引用句中のいわば写生的傾向の作品からも、

ーー「陽炎」の移りゆきや「風見鶏」や「煙

艸」の消え具合からも、「頬白の頬」からも

私は感じることができる。











以下、その6へ続きます。




 

鳥見迅彦詩集『なだれみち』など  (その4) [評論 等]





 私が氏の第二、第三作品群として区分し

たものに見られる愛やエロチシズムも、一種

の明澄さも、結局は自己糾弾を自虐性の上に

得られたものーー「ぼく自身の孤独を遡行し

て」(探鳥行)得られ、「越えるべきものを

越え、帰るべきところへ帰ってきた」(小梨

平の」)ことによって得られたものである。

いわばそれとは、死に直面した遭難者が生還

の機を得、そうして改めて人間や自己の存

在、生きる意味について新たな発見をしてい

ったのに似ている。





 クララは藪にかくれる。

 草を踏む音が遠くなってゆき、やがて止む。

 そしてクララはけものに変身する。

 山中はしんとなる。

 ヤマバトが鳴く、

 ウグイスが鳴く。

 クララが藪から出てくる、

 すこし顔をあからめて。

 優雅なしなをつくって。

 けれどもクララはまだ半分はけものだ。



     ーー「白いけもの」部分ーー





 だが第二、第三の作品群に見られる平安

は、安易な日常性におちこむ危険性を孕んで

いるし、登攀行為が習慣化する危険を孕んで

いる。





 「たのむぜ」「いいとも」

 岩と空のあいだで交わす、きみらの

 合言葉はぶっきらぼうで簡単だ。

 霧と太陽が揉みあう空間を

 ひたすらにさかのぼる、きみらのゆめはいつもながら清澄だ。



      (略)



 踏破の成功を告げるコーヒーがN谷を横切ってエコーを返すとき

 みちたりてほころぶきみらの微笑は純潔無比だ。



                              ーー「登攀者」部分





 登攀者たちの「ゆめ」が清澄であり、微笑

みが「純潔無比」であることを私は疑わぬ

が、しかしこの作品はどこか本質的な点でひ

弱である。「純潔無比」が鋭角的な批評から

離れた地点でうたわれ、手放しのまま投げ出

されているように思えてならない。

 私は「山小屋への道のり」が、鳥見氏にと

ってどこまでも「罰のようにつずいている」

ものであってほしいと思う。「ようやくここ

までのぼってまいりました。/やすらぎのな

いこころは、けれども、出発のときとおなじ

でございます。」(「峠」)という、「出発のと

きとおなじ」「こころ」をもって、「すべて

を疑い/すべてをたしかめ/すべてを信じて

/難関と各地とのあいだをまさぐ」(「十分の

指のゆび」)りつずけることが、自己登攀者

としての鳥見氏にふさわしいことだと思う。











以下、その5へ続きます。

 習慣化する危険を孕んでいを。をいる、と思われるので変更しました。



鳥見迅彦詩集『なだれみち』など  (その3) [評論 等]





 岩壁の中途のななめにかしいだ空間で

 半分はまるで無抵抗の世界にのめりこみながら

 自分を縛り、そして自分を

 そこに吊るし



   (略)



 危険と後悔とのアンバランス。

 誤算と願望との葛藤。

 たえまなくゆれながら

 自分をゆるし、自分を罰する、凄惨な夜





         ーー「遠い夜」部分





 もし下が深い谷でなかったら

 自分が人間でなかったら
 
 こんなはずかしい命乞いを

 こんな醜いかっこうで、することはないだろう。





   ーー「谷」部分





 深い谷を下にのぞむ位置に居るという事実

は、しかし、登攀者としての或いは自己探求

者としての鳥見氏の意図的行為の所産なの

だ。自ら求めてそこへと自分を追い込んだの

であった。そして「もし下が深い谷でなかっ

たら」登攀それ自体が成立しない。その限り

に於て「もし……」という前提は実現不可能

な事である。鳥見氏は、自ら「自分を縛

り、そして自分を/そこに吊る」す、いわば

そのような「いやな位置」に自分を追い込む

ことによって、危険と後悔のアンバランス

状態に自分を立たしめ、誤算と願望との葛藤

を通じて「自分をゆるし、自分を罰し」、か

くして自己を検証しようとしているのであ

る。

 自己検証と自己確立への努力を基軸にし

て、鳥見氏は、「両眼を/ひらき、もういち

ど/人間へ戻」ろう(「岩と残雪のあいだ」)

としているのであり、そのためにこそ「こん

な醜いかっこう」や「関節の痛い身じろぎ。

くるしい嘔吐」を自ら選んだのである。「自

分が人間でなかったら」という述懐の内側に

はそのような経緯がひそめらえている。

 「なだれみち」即ち崩壊の危険に自己の存

在をさらし、さらすことによって逆に自己を

支えようとしているのである。崩壊から自己

の人格を救うためには、自らを崩壊にさらす

以外にない、というのが鳥見氏の信条のよう

である。

 自虐性は、自己を加虐者の立場に置くと同

時に、被虐者の立場にも立たしめるものであ

る、と私は書いたが、『けものみち』の場合

には、被虐者つまり弱者としてのけものたち

の側に身を置くことによって、被虐者として

の自己及び人間の行為を糾弾するという傾向

が、どちらかと言えば強かった。いわばけも

のたちに仮託して自己批評を試みたわけであ

る。それに対して『なだれみち』の場合に

は、直接自己自身を或いは自己の行為を糾弾

の対象としている。登攀は自己征服の為の、

つまり自分自身にむかっての登攀なのであ

る。その意味で鳥見氏の自己批評は一層深め

られたと言えるだろう。











以下、その4へ続きます。



タグ: 遠い夜

鳥見迅彦詩集『なだれみち』など  (その2) [評論 等]





 大雑把にみて『なだれみち』の諸作品は、

内容の上からほぼ三つに区分することができ

るようだ。その第一は、「うしろむきの磔」

「登攀者」等の総題のもとにまとめられた作

品群、著者「あとがき」中の言葉を借りれば

「その運命的・悲劇的な意味」をより濃く湛

えたものであり、もっとも直截に『けものみち』

の世界を引き継いでいる作品群である。第二

は、「空には鷹」「クララ」の総題のもとに

集められた諸作で、愛とエロチシズムにかか

わりを持つ傾向のものである。第三は、「ハ

イマツのハンモック」の総題のもとに集めら

れた作品群で、これらは登攀を直接の主題と

している点に於て第一の作品群と変りがない

が、前者とはやや趣きを異にして一種の明る

さと人間に対するおおらかな見方が底流とな

っている。総じて詩集の前半は悲劇的な色あ

いとそれに伴う苦渋の翳が色濃く、後半に進

むにつれて明るく軽快な様相を呈する。

 しかしこれらの区分けは便宜的なものに過

ぎないのであって、『なだれみち』の底流を

なしているものは、『けものみち』の詩世界

にも通ずる「その運命的・悲劇的な」性格で

ある。つまり私の言う自虐性を媒介項として

なされる倫理性への志向である。私はこの詩

集繰りながら、用紙の底に何本かの縦線が

透し模様となって施されていることに気づい

たが、丁度その透し模様のように、「運命的

・悲劇的な」性格はこの詩集を貫流してい

る。











以下、その3へ続きます。



鳥見迅彦詩集『なだれみち』など  (その1) [評論 等]





    鳥見迅彦詩集『なだれみち』など



 詩集『なだれみち』は『けものみち』に次

ぐ鳥見氏の第二詩集である。『けものみち』

上梓(一九五五年)以後一四年間に制作され

た「『山』にかかわりのある詩だけ八十九篇」

(あとがき)がここに収録されている。

 『けものみち』に於て鳥見氏は、総じてけ

ものたちの様々な姿を寓意的に捉えつつ、人

間批評、文明批評、社会批評等の諸批評を試

みた。『けものみち』を読み返してみて、そ

こにもられた批評性が今日もなお色褪せずに

いることを私は確認したが、このことは、鳥

見氏の作品がとりもなおさず自己追究や自己

批評の一点に凝集され、その根源的な地点か

ら発想されていることによっているだろう。





 とびあがり

 とびあがり

 落ちて

 ちゅうちゅうとないて

 上を見ている

 自分を

 見た





   (「罠」部分)





 おれ自身にむかっておれが遠吠えしている





    (「疥癬の時間」部分)





 こっちをむいて立っている

 おまえは誰だ?

 というおまえこそいったい誰だ?





    (「おまえは誰だ」部分)





 つまり例えば、落ちつずける自己の中に、

落下に逆らって「上を見ている」「自分」を

保ちつずけており、しかもそのような「自分」

のいることを見つずけている自己を鳥見氏は

ちゃんとわきまえている。「おれ自身にむか

っておれが遠吠えしている」という場合も、

「おまえは誰だ?/というおまえこそいった

い誰だ?」という場合も、そこには際限を知

らぬ自己凝視と自己懐疑があるわけである。

際限を知らぬ自己凝視と自己懐疑は、いきお

い自虐性な色あいを深めていきがちだが、鳥

見氏の場合も例外ではなかった。一般に自虐

性は往々にして、自己瞞着や安易な自己陶酔

におちいりがちだが、本来それは高い倫理性

への志向を内に孕んでいるものである。自己

を加虐者の立場に置くと共に、同時に被虐者

の立場にも据え、その両極から自己をせめぎ

つずけ、そのような営みの中から加虐者・被

虐者のいずれにもくみせぬ自己を検証し、確

立していこうという願いを内に孕んでいる。

そのような自己によって、世界を、物の価値

をつぶさに見ようとする積極的な姿勢をひそ

めている。「『けものみち』とは深い山の中を

ゆききするけものたちのひそかな踏跡のこと

であるが、ここでは人間の行路を暗示する一

つの隠喩として藉りた。」(『けものみち』あ

とがき)という言葉も、右にみたような事柄

を裏づけとして読むべきだろうと私は考える

し、自虐性を媒介とした高い倫理性への志向

が、鳥見氏に「野うさぎ」のような作品を書

かせたのであっただろう。

 『けものみち』にみられるこのような性格

は、『なだれみち』にも通じている。











以下、その2へ続きます。

 「詩学」 1969(S44)年 8月号



否定的な感想   (その7) [評論 等]





 以上私は、詩に対する擬態的態度に触れて

否定的な感想を書きつけた。しかし一方にこ

れらにほとんど対蹠するものとしての素朴な

詩集が何冊かあった。藤尾花作詩集『原点』、

森口武男詩集『カッパのあいさつ』等であ

る。素朴さはそれを意識した時にはたちま

ち素朴であることをやめ、鼻もちならぬ独り

よがりと、思わせぶりなポーズに堕する危険

を孕んでいるし、一方、自然発生的な主観の

吐露に終らせる安易さへ作品を追い込む危険

をも持っている。この二詩集にもそういうあ

ぶなさがないわけではないが、しかし、パン

フレットと言った方がふさわしいような、こ

れらの詩集に収録されている作品には、詩に

関する観念的知識をふりまわして、「痛苦の

重み」だの「反詩的」だのといった大袈裟な

揚言は見られない。自己の感動に忠実であろ

うとするひたむきさが見え、もっぱら正直な

ところを、たとい古いと言われようと、現代

文明に対する批評性が不足していると言われ

ようと、現代むきのこざかしい手ごころなど

加えずにうたっている。表現上の装飾や目あ

たらしさは、今日只今いかに新奇に見えよう

と、時ならずして褪せてしまうものと思わね

ばならぬ。「情況」だの「自己疎外」だのと

いう言葉が、詩集のあちこちに見られ、一種

の流行語になっているようだが、こういう言

葉に安易によりかかって、末梢神経を刺激さ

せている一部の者たちの脆弱な精神は、これ

らの言葉が色褪せるよりもすみやかに、凋落

していってしまいがちなのである。





 黙っていることは辛いことだぞ

 一日中涙を流すより辛いことだぞ

 私がお前に黙っているのは

 黙っているがましだからではない

 大人が小児になるより辛い思いで

 黙っていなければならないからだ

 黙っているほかどうにもならないからだ



     (略)



 云ってしまえば

 それで済むとお前は云うのか

 云ってしまう

 それもよかろう

 だがそのあとには恐ろしい沈黙が待っている

 それが目に見えているので

 私は黙っているのだ



     (略)



 私が黙っているのは

 喋ることが恐いからでも

 喋ったあとが恐いからでも決してない

 この辛いのをがまんすることだけが

 私に出来るたった一つのことだからだ

 私が抱えた一ぱいの荷物を下ろそうと

 お前の親切そうなそぶりは解るが

 そのつもりが荷物を積重ねていくのだ

 残酷な善意はもうたくさんだ

 私とてお多聞にもれず

 お前の荷物を軽くするつもりが

 そのつもりがかえって

 重くしているらしいが

 おたがい様で済まされてたまるか

 黙っているのは、なんといっても辛いことだぞ





            ーー藤尾花作「重荷」





 ーーよめさんがほしい。

 と、あいつは木にだきついた。

 雀がとびあがった

 あいつは

 そのまま戦死した。

 その木がまだある。

 雀がまだいる。

 孫かひ孫か

 なにかさえずっている。





        ーー森口武男「昔話」





 夜なか。

 ト、ト、トと

 音がする。

 あれは

 腰いたの母が

 懐炉の灰を

 火鉢にたたいて

 すてる音だ。

 ぼくは

 八十二のあの母が

 死んだら

 くいな(水雞)になるのかと思う。あの鳥は

 夜なか

 さびしくたたくような声でなくという。





      ーー同「母」











    「詩学」 1969(S44)年 7月号

* 最初の森口武男のお名前が武夫になっていましたの訂正しました。






否定的な感想   (その6) [評論 等]





 私の感想は否定的な見解を述べるのに急で

ありすぎたようである。松浦氏の作品の中に

は部分的に優れた表現がある。



 影が落ちる

 樹から樹の影が

 飛びたつ小鳥から小鳥の影が

 的確に落ちるように







 自分の肉体にぴったりのこの荒家(あばらや)から

 わたしはどこへ旅立つことができよう





 束の間の人間の仔細が

 わたしの頭脳の砂浜をひたひたと洗い

 ひとつの世界をめぐっている





 ……こう表現

するときの松浦氏は、的確な眼で世界を明晰に

見ている。作品としては「この青い空は」

「糸杉の森」「誤読」「たそがれ」「冬」等を、

幾らかの問題点を感じながらも私は評価す

る。これらの作品には気負った松浦の姿はな

く、対象にひたむきにむかおうとする松浦氏

がいる。松浦氏もまた、氏が身に鎧っている

「知識」を脱ぎ去り、素裸の魂で世界にむか

いあい、そしてそこから改めて詩を出発させ

ていくべきであると思う。











以下、その7へ続きます。


タグ:松浦氏

否定的な感想   (その5) [評論 等]





 松浦氏の気おいは「ベトナムの太陽」に於

て、、批評精神の脆弱さを露呈してしまってい

る。



 見よ

 ベトナムの無数の太陽たちは

 ジャングルの奥深くにひそみ

 デルタに氾らんし

 メコンの大河に照り映えているではないか

 今宵

 貪婪な権力者たちが夢に追従笑いをもらし

 あくどい為政者たちが女を抱き

 われわれが偽りの平安の醜い仮装舞踏会を楽しんでいるとき

 これら太陽たちは沈むことなく滑っていく



    (部分)



 こういう表現が続き、そして「われわれを

癌のように苛む日がくるであろう/われわれ

はいま何をしているか」という詩句でこの作

品は終っている。卒直に言って、ここにプロ

パガンダはあっても詩的批評精神の持つ強靭

さはない。批評精神らしきものがあるとして

も、それは既成の批評性に過ぎない。むしろ

私には、このような「ベトナム詩」を書くこ

とによって、ベトナム反戦の声に和し得たと

する松浦氏の自己満足と自己錯誤が透けて

見えるような気がする。「われわれはいま何

をしているか」という糺問は、非生産的な響

きしかもたらさない。糺問が必要なのではな

く、「何をしているか」の検証が必要なので

あり更に言えば、何をすればいいのかが問題

なのであろう。











以下、その6に続きます。



否定的な感想   (その4) [評論 等]





   松浦直己詩集『影の部分のある研究』(国

文社)

 私は、松浦氏の詩集にも幾つかの疑問を持っている。



     エピローグ



 空と大地にむれつどう

 異形の鳥たち

 谺に声もかき消され

 矛盾と反転の星のもと

 自塞の極をめぐる

 内なる世界の

 怨嗟の崖と愁嘆の霧のむこう

 あの扉の喉をおし開き

 わたしは屹立しながら

 さらに さらに

 季節はずれの存在の雷鳴に

 打ちすえられていくだろう



 題名の示す通り、この作品は本詩集のエピ

ローグとして書かれている。必ずしも集中の

代表作ではないが、私が氏の作品に感じる幾

つかの疑問点を、集約的に持っているとみら

れるので引用した。「季節はずれの存在の雷

鳴に/打ちすえられて」いこうとする決意の

ほどはわかるのだが、それを裏づける作者の

魂の声が伝わってこない。結局決意の概念的

な表明だけに終って、詩的感動がよびさまさ

れない。「矛盾と反転の星のもと」という表

現も私はよく理解できないし、「自塞の極」

に立たされた作者の姿も、実感として私には

伝わってこない。松浦氏の「内なる世界」に、

「怨嗟」や「愁嘆」が氏をして「屹立」せし

めるほどにあるのだとしたら、そしてそれを

十全に表現しようとするならば、作品がこの

ように概念的なものになるはずはないのであ

る。

 松浦氏の発想には一定のパターンがあり、

そのパターンに依拠しすぎる為に、作品が窮

屈なものになってしまっている。ポエジーが

のびのびと拡り溢れ出るということがなく、

パターンによっておさえつけられてしまって

いる。従って、かなり独断的な意味を言葉に

もたせすぎ、イメージに明晰さと鮮明さが欠け

る結果になる。



 同じ空の下で

 風が向きをかえると

 秘事のように

 孤独というやつは

 無に形体をあたえるから

 聖者のように

 鼻毛をひきぬき

 ヴァイタリスをなすって

 俺は翔んだ



    (「穿たれる時間」冒頭)



 沈黙の親密さを信じるな

 何故ならこのとき言葉の陰謀と跳梁がはじまるからである

 何よりもぼくは親しき者の淫らな悲鳴が好きなので

 まず己れを逆さに吊るそう

 今日こそジャズと恋人とコーヒーで

 言葉を発情させて星々の形で空高く噴き上げよう

 と思いながら 

 夜には妻の鎖につながれて眠った」



  (デ・プロファンディス」冒頭)



 夜にはH・リードの詩篇など読み

 個性的に妻をリードして



  (「似ていない自画像」部分」)



 ……こう

いう発想や表現に私は疑問を持つ。ここにあ

る安易な諷刺性や諧謔性ないしアイロニーを

認めるわけにはいかない。引用は部分的であ

り、従って、一斑を以て全豹を卜してはなら

ないが、しかしこれらは、松浦氏の精神を物

の本質にむかわせるよりも、本質から眼をそ

らさせる役割を果している。












以下、その5へ続きます。



否定的な感想   (その3) [評論 等]

 



   文岸と空詩集『ボラの音』(近畿文芸社)

をも、私は遊戯性の著しいものとして拒否し

なければならない。



 逃げられようか

 しゃれこうべ笑う 大地の底

 うつる影 太陽の外で奏でる夕べに

 追われるはづではない

 おまえ自身死を宣告したとて

 追うべきはづのおまえの歯車

 喫茶店の煙で空転
 
 森の陽溜りで空転

 大脳に余分の油がないのも

 おまえの悪戯であるのか



   (「はたんちよう運命」)



 これを私は詩と認めることができない、

「ぼってら、お尻を浮かして/泥酔セリフ/

『あたいが ヒロインよ』/それで 桟敷は

ラブのカンカン虫」(プロダクション オ

ブ ラブ」部分)に至っては、作者の安易な

人生態度そのものを私は峻拒しなくてはなら

ない。たまたまこの詩集に横田英子氏が跋文

を書いているが、そこにこういう言葉があっ

て私として賛成しかねる。「何か得体のしれ

ない渦を感じさせる。未知数に対する愉しみ

につながるものであることは確かだ」云々。

『ボラの音』収録の作品に関する限り、「何

か得体のしれない」ものは感じても、「未知

数に対する愉しみにつながるもの」は決して

感じられない。跋文が儀礼的になりがちであ

ることは私も知っているし、それをあながち

悪いこととは思わない。しかし、否定すべき

ものや批判すべき点は、はっきりと否定し批

判することこそが、礼儀にかなったやり方で

あるだろう。微温的で当りさわりのない相互

交流は何ものをも産まない。私は、両氏が詩

に対する微温的な考えを放擲し、詩とは何か

を自己にむかって真剣に問うように心から願

う。











以下、その4へ続きます。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。